ピアノや日用品などものが運送される仕組み

カードを持ってる人たち

準備する

引っ越しの時に後で慌てないための注意点

引っ越しをする際の注意点として意外と盲点になりがちなのが、引っ越し作業の準備です。 まだ日数があるからとのんびりとしていると、いつの間にか引っ越しの日が近付いているということもあり、そうなると慌てて荷造りをしなくてはなりません。 また、荷造りの際には、何も考えずに適当に入れて行くと、引っ越すまでの期間に生活をする際に支障が出ることがあります。日々頻繁に使用する物の荷造りは最後に行うことが基本であり、大切なことです。 他にも、ダンボールにひたすら詰めて行くとどれに何が入っているのかわからず、運ぶ際に中の物を壊してしまったり、荷解きの際に手際よく作業できないことがあります。梱包はきちんと行い、ダンボールの外側に内容物を簡単に書いておくことが大切です。

引っ越し作業は荷解きをイメージした効率の良い荷造りがポイント

引っ越しで大切なのは段取りです。少しずつ進めておけば後で慌てる必要がありません。また、その進め方で細かなテクニックを知っておくと効率良く進めることができますし、引っ越し先での荷解きの際にも無駄を省くことができます。 例えば、荷造りの際に壊れ物を梱包する時と言うのは、緩衝材が欠かせませんが、エアキャップを大量に使うと、荷解きの後にそれを保管する場所が必要になります。ゴミとして捨てるのももったいないものです。だからと言ってまったく使わないのも不便ですから、多少は使うとして、他の物でも代用するという考え方が必要です。 お皿を何枚も重ねてラップでグルグル巻きにするとかなりしっかりと固定できますし、新聞紙で一つずつ丁寧に包んでいくと言う方法もあります。 その他にも、枕やクッション、座布団、ブランケットなど、緩衝材代わりになる物は結構色々あるものです。