ピアノや日用品などものが運送される仕組み

カードを持ってる人たち

業者選び

引越し業者の特徴 大手と中小との違いなど

引越し業者には、大手・中堅・地元密着型の会社など、様々なタイプの業者がありますが、どこが最もお得なのでしょうか? 大手では、荷物の梱包などで手厚いサービスがあり、クレーム対応もしっかりしています。しかしその分料金は高くなる傾向があるといえるでしょう。広告や宣伝に費用をかけているのも料金が高くなる一因になっています。 地元密着型の会社などは、地元の事情に詳しく、小回りがきき、地元の人にとっては話しやすく相談もしやすいという利点があります。価格も交渉しだいでかなり安くなることもあります。「自分も引越しを手伝いますので料金を安くしてください」などの交渉をしやすいのも地元密着型の特徴でしょう。中堅は、大手と地元密着型の中間といった感じです。中堅・地元密着型でも、保険に入っていれば、荷物の紛失・破損の保証は大手と変わらず受けられます。 結局、どちらもメリット・デメリットがあるので、3パターンすべての見積りを複数取ってみて、サービス・価格など総合的に判断して決めるのがよいでしょう。

引越し業者を選ぶときの注意点など

引越し業者を選ぶときは、たとえ目当ての業者が1つに決まっていても、複数見積りをとることが重要です。なぜなら、最初から1つに決めて、直接電話すると、業者側としては、「もうすでに自分の会社に決めてくれているのだな」と思い、競争がないためかなり高い価格がつくことがよくあるからです。1つの業者に決めていても、他者からも見積りをとって、安い見積りを営業マンに提示して交渉することで、料金が安くなることがよくあります。 もう1つの理由として、「その日の事情」によっても引越しの価格は変わってくるからです。例えば、「その日はトラックがたくさん空いている」といった事情ならば、かなり安い価格でも仕事を受けてもらえる場合が多いですが、「その日は多忙でトラックに空きがない」といった事情ならば、かなり高い価格でないと仕事を受けてもらえないでしょう。そういった依頼する側にはわからない事情があるため、最初から1つの業者に決めてしまうのは危ないのです。